プロフィール

大和人

  • Author:大和人
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライオンと魔女

ナルニア国物語。
第2巻のThe Lion, the Witch and the Wardroveを読み終わりました。

感想としてはまずまずです。
兄弟の一人が魔女にそそのかされる箇所とか、
そのことによって兄弟の中で浮いてしまうとこ
とかの心情の表現はリアルだったりします。

第1巻は創世記っぽかったのに対し、第2巻は、
キリストの復活っぽくって、やっぱりキリスト
教の国の物語だなという感じです。

第2巻だけで物語りは完結しているのですが、
第1巻目の伏線も多数出てくるので、続けて読む
ことをお勧めします。

アスラン(ライオン)が2本足で立って、手を
後ろに組んで魔女と1対1で話し合いをする箇所の
挿絵が哀愁を帯びていてよいです。

多読のお勧め度 ★★★☆☆
スポンサーサイト

<< 予定変更 | ホーム | ゴリラチョップ2本目 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。