プロフィール

大和人

  • Author:大和人
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルニア国物語:朝びらき丸、東の海へ

The Voyage of the Dawn Treader (Chronicles of Narnia, Book 5) The Voyage of the Dawn Treader (Chronicles of Narnia, Book 5)
C. S. Lewis (1994/08)
Harpercollins Childrens Books
この商品の詳細を見る

近頃陰を潜めておりましたが、多読も続けております。
前回の「カスピアン王子のつのぶえ」に引き続き、ナルニア国物語、第5章、「朝びらき丸、東の海へ(The Voyage of the Dawn Treader)」を完読しました。
舞台は「カスピアン王子のつのぶえ」の数年後のナルニアの世界。
前作の4兄弟の次男Edmond、次女Lucyと、いとこのEustaceが、海に浮かぶ船の絵が飾っている部屋で遊んでいたところ、いつの間にか海に飲み込まれ、船に救出され、その船の上にはカスピアン王子が...というナルニアらしい始まり方です。
いとこのEustaceは初めはいやな奴なのですが、竜の島、死水の島、声の島、闇の島など旅して、最後には世界の端まで旅する中、徐々にいい奴になってゆきます。
ちなみにEustaceは次の作品でも活躍する模様。
ガリバー旅行記っぽい感じで、読んでて飽きないのですが、最後の方で急に英語の表現が難しくなってくるのが難点。

多読のお勧め度 ★★★☆☆

スポンサーサイト

<< ナルニア国物語:銀の椅子 | ホーム | 沖縄旅行記 - うみかじ、そして最終日 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。